2018/10/16

蜜蝋ワックス

こんにちはタラスキンボンカースです。

なんだか旨そうな、カタマリ。

これはミツバチの巣から採れるロウ。『ミツロウ』です。

この蜜蝋を何に使うかというと、木製品のミガキ行程に使います。

カタマリのままの蜜蝋は、木綿ヒモの芯を入れれば、そのままロウソクにもなりますが、このままでは固くて木製品へのなじみが良くないので、少々加工して使用します。
『ミツロウ』を溶かします。

そのまま火にかけてはいけません。
湯せんにしましょう。

溶かした『ミツロウ』に、食用油を5%ほど加えます。
『ミツロウ』独特の甘い香りを引きたてるためにも、香りの少ないオイルを選ぶとよいでしょう。
よく混ぜてから放置・・・。
固まった。

しっとりと柔らかく、ミルキーなワックスに変化しました。
(オイルの量を少なくすると固く、多くすると柔らかくなります)

乾いた布に少量を取り、木製品に丁寧に刷り込むとシルキーなツヤと手触りに仕上がります。

2018/10/15

『落花生』ピーナッツじゃなくて落花生。

こんにちはタラスキンボンカースです。

先日、近所の直売所で『落花生』を見つけて買ってきた。
生の『落花生』は、一年で1回くらいしか見かけないほどに、出回る時期は短い。

というより、伊豆では『落花生』を栽培している畑が少ないのかも。

ともあれ、早速旬を味わうことにしましょう。

小鍋に『落花生』が浸るくらいに水を入れて(浮かぶので適当に)塩を1~2%程度入れます。

弱火で30-40分ゆでましょう。
ゆだった。

1コ、つまみ食いをして柔らかさを確認しつつ、ゆで時間は調整しましょう。

私は野菜やお米やパスタなど、比較的堅ゆでが好きですが、『落花生』に関しては柔らかめが好きです。

適度にゆだったら、火を止めてそのまま粗熱を取ると、塩分がぐんぐんとカラの中へとしみ込んでゆきます。

時折つまみ食いをして、塩加減を見たりしてみましょう。

完全に冷めるまで置くと、かなり塩が入ってしまいますので、時期を見計らってお湯を切ります。
パカッ。

しっとりとジュ~シ~!な『落花生』を、あまり意味もなく『バタピー』と比較・・・。

炒ると縮むのかしら。

ともかく、ほっくりと柔らかにゆであがった旬の『落花生』は、ピーナッツではなくて『落花生』と呼ぶにふさわしい『落花生』なのでした。

旬の『落花生』。お店で見つけたら、ぜひ。

2018/10/08

塩でリフレッシュ

こんにちはタラスキンボンカースです。

伊豆の夏は終わりません。
『体育の日』の3連休、私たちは日曜日だけお休みをして海へ行きました。

空は秋ですが、灼熱の砂浜は夏の模様。
颯爽と波に乗る人々。

今日は波が良いらしく、次々と波の上を滑る人々を見ることができました。
いっぽう私たちは、波打ち際でウキワにしがみついています。

たしかに波の様子はいつもとちがって力強く、なんどもなんども波に打たれては揉まれました。

波の中でグルグルと回転して、なんだかさっぱりした。
塩にもまれるリフレッシュ効果は抜群なのです。

2018/10/03

タラスキンボンカース『豚の生姜焼き』

こんにちはタラスキンボンカースです。

家の裏で”おばさん”がやっている畑では、この季節、そろそろショウガの収穫が始まります。

夏に、味噌をつけてかじっていた『葉ショウガ』が、大きいショウガに成長して『古根(いわゆるショウガとしてスーパーに売っているやつ)』となるのです。

そんなわけで、今日の近藤食堂(←キタダがそう呼んでいる)のお昼ご飯は、”おばさん”にいただいたショウガを使った、『豚の生姜焼き』定食です。

タラスキンボンカース『豚の生姜焼き』(ふたり分):
材料:豚肩ロース塊300g(ぶつ切り)・タマネギ1個(くし切り)・ショウガ2塊(60gほど)(みじん切り)・砂糖(三温糖)おおさじ4・しょう油おおさじ4・しお・こしょう(あらびき黒)。
※砂糖は風味豊かな三温糖がおすすめ

①ショウガをザクザク刻む。
②フライパンに豚肉・タマネギを投入して中火に。

油は敷かない。
豚肉、タマネギはいじらないで放置して焼きます。
※ぐれぐれもいじらなこと

しお・コショウ各、少々ふりましょう。
③豚肉に6割ていど火が通ったらひっくり返し・・・。タマネギもひっくり返し・・・。

刻んだショウガ→砂糖→しょう油の順に、お肉の上につぎつぎ投入。
しょう油を入れたところで、ジュ~ッというので、フライパンが鋳鉄の場合はそのタイミングで火を止めてしまいましょう。
その後、ジュ~ッの音が低くなるまで放置し、余熱で火を通します。

※フライパンが鉄板製(薄いの)の場合は余熱が不足するので、ジュ~ッのあと30秒ほどしてから火を止めましょう。

焼きすぎない程度(ぶつ切り肉の場合は中がピンクの状態)で仕上げるのがコツ。
できた。

せんぎりのキャベツにマヨネーズを添えて、タレごとゴロゴロと盛り付けます。

近藤食堂、今日のおひるメニュー。『タラスキンボンカース豚の生姜焼き』
食欲の秋ですから、ご飯も大盛で!

2018/10/02

タラスキンボンカース ザ ショップ更新

こんにちはtarasukinbonkersです。

台風24号がすぎさって2日目。濁っていた入り江も少しずつ青さを取り戻してまいりました。

波もなく、いつものように静かな風景。

何事もなかったかのようにセミが「ツクツクツクツクツク・・・ホ~シ~ツクツク、ホ~シ~ツクツク、ヂィ~・・・。」と、いまだ元気に鳴いている伊豆の南端。

・・・・暑。
TARASUKIN BONKERS official HOME PAGE

その中にある『TARASUKIN BONKERS THE SHOP』を更新いたしました。

今までより、いっそう幅広いアイテムをご注文いただけるようになりましたので、ぜひともご利用くださいませ。

販売店がお近くにない方、またタラスキンボンカースからダイレクトにお品物をご購入希望の方、なんとなくお便りしてみたい方、など・・・お待ちしております。

2018/10/01

マコモダケの食べ方 初級

こんにちはタラスキンボンカースです。

『マコモダケ』

『マコモダケ』は『マコモ』というイネを4倍に拡大したような植物の茎で、この時期にだけ出回る旬の野菜。

独特な味と食感で、しいて言うと同じくイネ科のトウモロコシの若いのか、同じくイネ科のタケノコの甘いのか・・・とにかく他にたとえるのが難しいのですが、何しろとてもおいしい。

旬は短いので、見つけたらすぐさま買ってくる。
いちばん簡単な食べ方をご紹介いたしましょう。

まず、切る。

ザグッという気持ちのよい手ごたえ。
中はみっちりとしたクリーム色に近い白で、黒いすじが少し入った感じが『ドラゴンフルーツ』の輪切りをほうふつとさせますが、もっと身近にエリンギを輪切りにしたような感じでもある。
皮を剥きましょう。

皮といっても、中身と皮は一体化しており、はっきりとした境界を見つけにくいので、表面の緑の部分をそぎ取るくらいで大丈夫。

そんなわけで、緑の内側は中身なので、意外なほど先端まで食べることができます。
中火のフライパンに並べてバターをひとかけら。

塩とコショウをふりましょう。
薄く色づいたらひっくり返して火を止めます。

焼きすぎないように余熱で火を通します。
お皿に並べて・・・。

さあ、その独特な食感は「グギッ」という歯ごたえで、見た目とおなじくエリンギをとてもシッカリさせた感じとも言えます。

そして、タケノコやトウモロコシの若いの(生のヤングコーン)にも共通するような、イネ科独特の甘みと、バターの風味をたっぷり含んだ味わいのコンビネーションは、一度食べると忘れることができない、ほかにたとえようのない味の野菜です。

今だけの『マコモダケ』。
いづこで見つけたなら、迷わず味わってみてください。
ぜひ。

2018/09/24

昭和的工業製品

こんにちはタラスキンボンカースです。

昨日、おふろばの天井で迷子になっているカマキリのコドモを救出してやった。

3日間、おふろばの天井をうろうろしてたやつ。

指をそっと近づけると、私のほうを見て首をちいさくかしげて(おや?の顔)、スタタと指先に登ってきた。
なんかこっちを見て、首を振って見せるカマキリのコドモ。

「 アナタワダレ?アナタワダレ??」

うろうろと私の手の上を歩き回ると、さっき手を洗ったときに拭き残した水滴を見つけて、ゴクゴクとおいしそうに飲んでいる。

しばらくそうして手の上で過ごした後、ベランダごしに、木の枝に乗せてやると、あわてたように指の上に戻ってきた・・・。

「おうちでは飼えません。お外で生きなさい。」

そして今朝、何気なく外を見ると、枝の先っちょでカマキリのコドモが小さな獲物を狙っているのが見えた。
ワイングラス。

日曜日、海であそんだ帰りみち、下田の町を散歩していて買ったやつ。

下田の市街は昭和のなつかし~い面影の残る町並みで、古い商店がひっそりと軒を連ねている。あるセトモノ屋では昭和から置いてあると思しきものたちが、ちょっぴりホコリをかぶって売られていたり。

私がキタダとおそろいで買ったのは、チープ風ぶどうのレリーフが優美な、手のひらに収まるくらいのワイングラス。

型どりで作った感じの、昭和的工業感がたまりません。

ワインではなく、「ぶどう酒」と呼びたくなる風情。
いっぽう、キタダが私とおそろいで買ったのはコレ。

細身のマグカップで、すこし濁った金彩やら、プリントしましたといった感じのチープ風「カーネーション」や真赤な筆記体「S」が何とも素敵です。

ことに、緩やかに口が広がる繊細で優雅なフォルムが、昭和のカフェーをほうふつとさせます。
「マグ」ではなく「カップ」と呼びたい風情。

今は失われてしまったであろう、昭和的工業。そしてその製品。
だいじにしたいですね。

2018/09/23

秋分の日なので、でも。

こんにちはタラスキンボンカースです。

今日は『秋分の日』なので、秋らしい画像からはじめます。

ついにカボチャを買ってきた・・・。

近所の直売所では、すでに8月の下旬からカボチャが並び始めていたのですが、秋の気分をなるべく後に取っておくことにしようとして、(←本当は夏がおわったのを感じたくないだけ)見ないふりをしていました。

しかし・・・少しずつ秋めいてきたこともあって、つ、つ、ついに買ってしまった。

さすがに大きいのには手を出さず、小ぶりの『坊ちゃんカボチャ』を買ってくるという、思い切りの悪さ。
さっそく調理。

さすがに、「カボチャの煮つけ」の気分にはなれませんでしたので、オリーブオイル・塩・胡椒・つぶしたガーリック・ローズマリーの枝先2本といった具合で、ヂーッと香ばしく焼いただけ。
カボチャのグリル。

表面はザクザクと香ばしく、中はホックりと焼けました。
クルミなどのナッツを加えてもよいですね。

わ~っ、秋らし~ぃ。
収穫まぢかの田んぼ。

もちろん、すでに新米になって直売所に並んでいる田んぼもあれば、刈り取り真っ最中の田んぼ、そしてこうしてまだ刈り取りをしていない田んぼなど、田んぼによって時期はいろいろです。
たわわ!

田んぼを近くで見ることのできる場所に暮らしてからというもの、このずっしりとたわんだ稲穂を見て、「おいしそう!」と思うようになりました。

だって、この小さな一粒一粒がお米なんだもの。

まじまじと見る稲穂は、「恵」を形にしたようなありがたみを感じさせてくれます。

まさに、恵の秋。

・・・・・。
とか言って、また海に来た。

実は『秋分の日』の今日、お外は真夏のように暑く、セミも土から出てきてシャンシャンと鳴いているし、3連休とあってか海は真夏よりも賑やかかも。

青い波が、おいでおいでと呼んでいる・・・。

やっぱり伊豆の夏は、なかなか終わらないのです。

2018/09/20

買い物帰りの道

こんにちはタラスキンボンカースです。

先週の日曜日、スーパーへ買い物に行ったときの様子。
家から最寄りのスーパーまでは、およそ10キロちょっとです。
(渋谷から浅草くらいの距離)

ここは伊豆半島の先端、『奥石廊崎』です。
岬をズーム・・・。

写真で見るとピンときませんが、この波打ち際に人がっ立っていたとしても見えないくらいにダイナミックな断崖の景色です。

岬の先端が崩壊して、現在の地形となっている様子がよくわかります。

全身に海風を受けながら、ダイナミックな風景をぼやっと眺める、タマゴを買った帰り道。

2018/09/18

今年のヒガンバナ。

こんにちはTARSUKIN BONKERSです。

今日の庭。

ことしのヒガンバナはどうやら「豊作」らしい。
ニョキニョキとすごい数が出てきた。
色もいっそう鮮やか。

そういえば、ことしの伊豆は「豊作の年」のようで、野菜や果物、庭の木々や花々も、いつもの年よりも豊かでした。
庭の芝生も。

モサモサに茂った芝生の上を素足で歩くと、足の裏に葉っぱのツンツン感や、ひんやり感、しっとりとり感や、芝生が呼吸してる感が伝わってくる。

「あぁ!生きている実感!」なんて。

手っ取り早く本能を呼び起こすことが可能。
NHK『DESIGN TALKS Plus』

私たちを取材してくださった#77<デザインハンティング in 静岡>の再放送が今夜(18日)Eテレで23:00からございます。
(また、明日(19日)午前10:25から同じくEテレでの再々放送もございます。)

『DESIGN TALKS Plus』#77<デザインハンティング in 静岡>
【キャスター】アンドレア・ポンピリオ,シャウラ,【出演】染色家・・・鷲巣恭一郎, デザイナー・・・近藤拓也,北田啓之, ヤマハデザイン研究所長・・・川田学,【語り】秀島史香

お時間がよろしければ是非!

2018/09/17

タラスキンボンカース天津丼

こんにちはタラスキンボンカースです。

『HAGIRE PLACEMAT(ハギレプレイスマッ)』

なまえの通り、”ハギレをパッチワークした”というデザインのプレイスマットです。

ベースのファブリック、そして小さなパーツになっているファブリックは、北欧と米国そして英国の最高級のもので、独特のデザインと織柄そして鮮やかな発色をしています。

おばあちゃん風パッチワークの存在感に、この最高級のファブリック使いという凸凹アンバランス・バランス。

『HAGIRE PLACEMAT』は、A4用紙と同じ大きさなので、食卓に家族の分を並べて使うのにも程よいサイズ感となっています。

柄の組み合わせがすべて1点ものの『HAGIRE PLACEMAT』は本日より、
国立新美術館の地下1階<スーベニア フロム トーキョー>でお選びいただけます。
お昼ご飯は天津丼。

再び夏が戻ってきたような暑さとなった9月17日の祝日、やや夏バテ気味のお昼ご飯に、酸味と甘み、そしてするすると口に入るトロミをまとったふっくらタマゴの天津丼を作りました。

タラスキンボンカース天津丼(ふたり分):

①餡を作っておきましょう。
水、100cc・酢、大さじ4・しょう油、大さじ4・砂糖、大さじ4・ケチャップ大さじ1・ごま油、小さじ半
→を小鍋で中火にかける
→水溶きかたくり粉(かたくり粉小さじ半+水10cc)を加えとろみがついてから30秒ほどして火からおろす。

②中火のフライパンで豚の角切り(バラ肉を切ったのなど)100gくらいを並べて両面を香ばしく焼いておく
→ピーマン8個をタテ半分に切ってヘタとタネを取りのぞき、ヨコに2センチくらいに切る
→ご飯を一人前ずつお皿に盛りましょう

③小碗にタマゴ4こを割って塩ひとつまみを加え、白身が残る程度にあらく溶き混ぜる

④強火のフライパンにサラダ油、大さじ4(けっこう多め)を入れ、加熱
→油から煙があがるやいなや、タマゴ(ひとり分)を一気に注ぎ(ぶわわとふくれる)
→ピーマンとお肉(それぞれひとり分)をその上に放り込む
→箸で手早く全体を混ぜ、中途半端に火が通ったところで火からおろし(タマゴに完全に火を通さない)、ご飯の上にひっくり返して乗せる
※すばやくこれを繰り返してふたり分を作りましょう

⑤①の餡をまわしかけて出来上がり。
今日は午前中だけ仕事をして、午後は下田の『吉佐美大浜』へ泳ぎに行きました。

9月に入ると、海には休暇を楽しむヨーロッパ系の人々が多くなり、まるで外国にいるような気分になります。

海水は温かく、空は秋のように晴れて、乾いた風が気持ちイイ。

「今日でさいごかなぁ」と、なかなか海から上がれないふたりなのでした。

2018/09/16

白いタマゴと茶色いタマゴ

こんにちはTARASUKIN BONKERSです。

『ミシン刺繍の鍋つかみ』という商品です。

これは2011年の4月にデビューして以来の人気のアイテムで、小さなハギレを寄せ集めた構成になっています。

つまり同じ柄のものは、ひとつとして有りません。
綿を含む何層もの布がレイヤーになっており、フカフカでいて断熱性能にも優れています。
『ミシン刺繍の鍋つかみ』

『ミシン刺繍』というネーミングですが、これは当初、キルティング加工を兼ねたミシン刺繍で、絵柄を描いていたことが元になっています。

過去には、波柄・葉っぱ柄・四角の連続柄・三角柄・ウロコ・木の枝などなど・・・ひとつひとつに異なるミシン刺繍の柄を入れていましがた、今は↑(鳥の脚バッテン、と呼んでいる)この絵柄にほぼ統一されています。

過去には<栗原はるみ>さんの『haru_mi』でご紹介いただいたことも。
このようにして使います。

『ミシン刺繍のなべつかみ』は国立新美術館の地下1階
スーベニア フロム トーキョー>へ、本日入荷!

どれも1点のみとなっておりますので、お早めにぜひ!

それではさっそく、フライパンに乗っているタマゴを焼いてみましょう。
タマゴには茶色と白があります。

我が家ではいつも”この”、茶色いタマゴを買ってきますが、タマゴは販売しているお店によって扱い銘柄が様々なので白でも茶色でも、”コレ”と同定するのは難しいですね。

先日、いつもと違うスーパーで買い物をした際、いつもの銘柄の茶色いタマゴが売っておらず、とりあえず別の銘柄の白いタマゴを買ってきました。

この銘柄の白いタマゴは、以前よく買っていたものなのですが、”あの”茶色いタマゴを食べてからは、もうしばらく買っていません。

なぜならば”あの”茶色いタマゴが断然おいしかったから。

「えええぇ~っ。タマゴの味なんてちがうの~?」
なんて思ったら、食べ比べてみるのが良し。
焼いてみた。

左が白いタマゴ(銘柄A)
右が茶色いタマゴ(銘柄B)
※いづれも一生懸命生産提供していると思うので、名前は上げない。

黄身を見比べると、白いタマゴの黄身よりも茶色いタマゴの黄身のほうが色が濃く、まるく盛り上がった形をしています。

「濃くて盛り上がってればいいのぉ~?」
なんて。

色や形については、トリに与える餌の具合でいろいろ作れるらしいので、何とも言えません。

純粋に、食べてみておいしいほうを選びたいと思います。

ぱくっ・・・。
ごくっ・・・。

赤いタマゴは味が濃く、旨味が感じられて「おいしい!」と思えました。
いっぽう、白いタマゴは赤いタマゴに比べると味が薄く、旨味も感じられませんでした。

たぶん、こうしてわざわざ比べなかったら、どちらも普通にむしゃむしゃ食べてしまうかもしれませんが、ダントツ赤の勝ち。

とはいえ、今回は白いタマゴと赤いタマゴの比較ではなく、銘柄の比較でした。

けっこう味に違いがあるので、お近くのお店で手に入るタマゴを食べ比べてみてはいかがでしょう。

2018/09/12

あったかカーペット。

こんにちはタラスキンボンカースです。

あれっ。急に秋に・・・。

あの暑い日々はいったいぜんたい、ユメか何かであったのでしょうか。

「さむい~さむい~~」

と連呼した1日でした。

そんな秋モードにぴったりのアイテムがあります。
instagramで宣伝中。

『CARPET CANVAS POUCH(カーペット キャンバス ポーチ)』
『CARPET CANVAS POUCH』

なまえの通り、カーペットが素材として使われています。

このカーペットは、仮設のたてものや、展示会場などに利用されることの多い汎用的な素材で、その色合いにいたっては装飾的とはいいがたい何とも言えない色味をしています。

そんな何の変哲もない素材をツギハギに取り合わせると、あらふしぎ。
こんなにカワイらしいポーチとなるわけです。

あったかな肌触り。
A4サイズとiPadがするりと入るサイズを展開しています。

『CARTPT CANVAS POUCH』

六本木 国立新美術館の地下1階<スーベニア フロム トーキョー
で、秋めいてくる来週あたりからお目見えします。

ぜひ!!!