2020/07/01

ひやむぎ冷やし中華

こんにちはtarasukin bonkersです。

7月になりました。

おとといの梅雨のはれまに、干しているところ。

船乗りが船の上から桟橋へ向かって放り投げるロープの重りに使われるロープで編んだボールにインスパイアされたキーホルダーです。
ボールがふたっつなので『ボールズ』という名前。

こちらは赤く染めた、いっぽんのロープから作られています。

ロープを染めるためには、染める前に製錬(白くする)して干し、下染め(色を濃く染めるための下地)して干し、本染め(この場合は赤)して干す。

少なくとも3日かかる。
きのうの昼ごはんは『冷やし中華』風。

中身は茹でて冷水にさらした『ひやむぎ』です。

具:
季節の野菜(さっとゆでたインゲン・生のキュウリ・生のトウモロコシ)
茹でて固く絞って、塩ひと振りと酢でもんだモヤシ
茹でて絞ったシメジ
きんし卵
豚の薄いのをさっと湯通しして氷水でひやしたもの
いりごま

タレ:
酢50cc:しょうゆ50cc:砂糖小さじ半:豆板醤小さじ半:ごま油小さじ1:マヨネーズ大さじ1:塩ふた振り
→よく混ぜる

完成。

2020/06/29

また明日。

こんにちはtarasukinbonkersです。

良く晴れた月曜日。

空気がカラッと乾いて、風がサラサラと吹いています。
家じゅうの窓を全開にして、風を通しましょう!!

庭の『ネムノキ』が気持ちよさそうに揺れていました。

夜になると葉を閉じて眠るから『ネムノキ』。

大きな木ですが、葉が透いているので木陰も明るく、とても気持ちのイイ木です。
サラサラサラサラ・・・。

もうすぐ、甘い桃のような香りのするピンクの花を一斉に咲かせます。

10年くらい前、釣りザオくらいの太さだった『ネムノキ』。
キタダが植えて、幹をさすりながら「元気に育て~」と言っていたっけ。

今でも、りっぱに育った『ネムノキ』の幹をポンポンと手でたたきながら「大きくなったねー」と言っているキタダを見かけます。

夕方、私たちが仕事を終えるころになると葉を閉じて眠る。

「また明日~。」

2020/06/28

家の中でゴロゴロする日。

こんにちはTARASUKIN BONKERSです。

朝からザーザー雨の日曜日。
窓の外は真っ白です。

私たちの住んでいる集落は、よくこんな風に真っ白になる。
空気の中を泳げそうなくらい湿度が高くなって、どんよりと重たい空気。

ひんやりしているわけではなく、高温多湿・・・。

どうしようもないので、「幻想的な風景」だと思うことにしています。
窓の外が真っ白で幻想的な日曜日は、家の中でじっとして過ごしています。

全ての窓を閉切って、家の中をしっかり除湿して。

朝食をとらずに居たので、11時のブランチ。

腹ペコなので、お皿からはみ出しぎみ。
4センチのトーストとバター。
バジルのオムレツ。
ルッコラのサラダ。
山盛りジャーマンポテト。

ザーザー雨だし、外に出られないし、食べてゴロゴロする日曜日。
うへへ。

2020/06/25

食感・触感

こんにちはタラスキンボンカースです。

おひるごはんにサクサクのとんかつを揚げました。

それから、ご近所の方から旬のジャガイモをいただいたので、こちらはホックリと茹でてからフライドポテトに。
庭で摘んだルッコラと千切りキャベツを添えて。

「シャキシャキ」の「ホクホク」の「サクサク」です。

食事にはこの『食感』がだいじだと思っています。

歯ざわりと音。
デザイン会議。

浜の石ころ。流木。小枝。アルミニウム。

「ゴロゴロ」の「スベスベ」の「ザラザラ」の「ツルツル」です。

TARASUKIN BONKERSのアイテムは、素材の『触感』をだいじにしています。

手触りと温度。

2020/06/22

そのままサラダ

こんにちはタラスキンボンカースです。

近くの直売所で、キュウリ10本入り100円で売っていた。
すこし曲がり気味なので安いらしい。

冷蔵庫で冷やして、そのまま皿に並べて食卓へ。

ポリポリとかじるおいしいサラダ。

伊豆ではセミが鳴いている。

2020/06/15

ビーチミーティング

こんにちはタラスキンボンカースです。

今朝の伊豆南端は晴れでした。

ずっと雨だったので、喜び勇んで近くの浜辺にやってきた。
波打ち際を散歩・・・。

来月、7月22日からおよそ2か月間、東京『国立新美術館』のミュージアムショップ<スーベニアフロムトーキョー>での催事を予定しています。

散歩ではなく、その企画を練るためのミーティング中なのです。

2020/06/11

パイン缶詰

こんにちはタラスキンボンカースです。

先日、キタダが『缶詰のパイナップル』を買ってきた。

なんと珍しい。

キタダが言うには「空き缶が欲しかった」のだそうで、中身は何でも良かったのだそうです。

それにしても、私にとって『缶詰のパイナップル』を食べるのは30年ぶりなのではなかろうかという程、久しぶりの食べ物なのです。

朝ごはんのパンケーキとマッシュポテトに添えてみました。

そしてその味は・・・。

ななななんんと、パイナップルの味がするではないかっ!!
ままままるでカットしたての、生のパイナップルを食べているような味なのです。

うわー。進化してるー。